FXで賢く取引するための指南書

この記事をシェアする

準備不足で思わぬ損失を被らないために

反対売買で損益が決まる

FXで損益が発生する例を見てみます(実際には通貨単位で売買し、手数料等がかかる点は省略)。

円安(ドル高)を予想して、日本円を米ドルに換えると、1ドルが100円ならば、100円を支払って1ドルを購入します。
これを「円売りドル買い」といいます。
交換価格(為替レート)が変動し、1ドルが110円(円安)の時に1ドルを売ると110円が手に入り、10円の利益(=110円-100円)となる一方、予想が外れて1ドルが90円(円高)で1ドルを売ると、10円の損失(=90円-100円)です。
これを「ドル売り円買い」といいます。

円高(ドル安)を予想して利益を出すには、1ドルが100円の時に「ドル売り円買い」の注文を出します。
その後、1ドルが90円(円高)になった時に「円売りドル買い」の反対売買をすれば10円の利益(=100円-90円)が出ます。

FXは、為替相場の変動を利用して反対売買で差損益を確定する取引です。

レバレッジ取引と金利スワップが魅力

FX取引をするには、FX取次業者などで口座を開設して、証拠金を預けます。
この証拠金を担保に何倍もの通貨が売買できます。

仮に10万円の証拠金で100万円分の取引ができることを、レバレッジが10倍といいます。
このレバレッジが大きくなるほど、当然損益の幅も大きくなるので注意が必要です。

反対売買までに1日以上かかれば、利息がつきます。
例えば、低金利の通貨を売り、高金利の通貨を買うと、その金利差の分が受取利息となります。
逆に、高金利の通貨を売り、低金利の通貨を買うと、支払利息となります。
この売買する通貨間の金利差をスワップといいます。

日本は現在、異例の大規模な金融緩和により低金利です。
円を売って高金利の通貨を買えば、その金利差分の利息が受け取れます。
レバレッジが利くので、その分が金利にも反映されます。

レバレッジの設定やスワップは業者ごとで異なるので、口座開設の比較検討の際に必ずチェックしましょう。


Topへ
戻る▲