副業でFXを始めるならまず何から着手すべき?

FXで賢く取引するための指南書

準備不足で思わぬ損失を被らないために

FX(エフエックス)は、「Foreign_Exchange」と綴る英単語の頭文字を並べた略称です。 日本名称は「外国為替証拠金取引」といいます。この名称を略して「外為(がいため)」と世間では呼ばれています。 FXは国内通貨の円とドルなどの外国通貨を交換・売買すると、その差損益が決済される金融商品です。

FXって何?

副業の活用が脚光を浴びています。
国を挙げて働き方の多様化が推進されていくなか、私たちの働き方の選択余地も今後さらに拡大していくものと予想されます。
様々な副業が考えられますが、なかでも、FX(外国為替証拠金取引)は少額で始められることやうまくいけば比較的短時間で利益を出すことが可能なため、サラリーマンや自営業者の仕事の合間の副業として注目されています。

とはいうものの、いざFXを始めたとしても、取引の仕組みがわからなければ、取引の注文や損益を確定するタイミングを逃してしまい、含み益があったにもかかわらず大幅な価格変動により含み損をかかえた結果、ロスカット(含み損が決められた割合の一定額以上になった場合には、強制的に決済されて損失が確定すること)となり、投資資金の大部分を失うおそれもあります。
また、副業としてある程度安定的に収益をあげるには、短期的のみならず中長期的な視点も踏まえたうえで取り組む必要があります。

このように、FXを副業として始めるには事前に相当の準備が必要ですが、まず第一に取り掛からなければならないのは「FXの取引を知る」ことです。
どんな副業をするにしてもその仕事の中身を把握することが一番だと思います。そのうえで、自分に合う仕事か否かの適性を判断するものです。
世間で儲かるといわれているからと、安易にその話に乗るのは極めて危険です。
まずはどんな取引で、どういう点に注意しなければならないかを理解してから、始めることをお勧めします。

このサイトでは、FX取引を副業としてご活用をお考えの方々に、取引の仕組みや為替相場の変動リスク、経済動向の把握など、まずは知っておくべき基本知識をご紹介します。
サクッと理解していただき、FXを副業の一選択肢として、ご活用をご検討してみてはいかがでしょうか。

取引通貨の価格変動を注視しよう!

FXはドル円に限らず、様々な通貨の組み合わせで取引が可能です。 実際の取引では、通貨ごとに通貨単位が設定されていて、「差損益×通貨単位」が損益金額となります。 この損益の決済に大きな影響を与えるのが、為替レートの変動、つまり為替相場です。 そこで、為替相場がどのような要因で変動するのかを見てみましょう。

副業のFX取引が家計を圧迫しないように注意する

副業でFX取引の成果を出すには、本業に支障が出ないよう、最小限の労力で最大限の利益が求められます。 実際に取引をする時間帯やトレード方法などをご自身の都合に合うように、いかに工夫できるかが、長続きさせるコツです。 ここでは、限られた時間や投資資金で最大の利益を上げるために準備すべきことをご紹介します。

Topへ
戻る▲